100歳の少年と12通の手紙

今日は夕方から、七夕の日にぴったりの映画を観ていました。

白血病で余命12日と知ってしまった10歳の少年。

両親やドクターさえも、腫れものを触るように接するのにうんざりし、

心を閉ざしてしまう。

そんな少年の心に突然入ってきたひとりのビザ屋のおばさん(失礼)

彼女から1日を10年として年をかさねていきましょうと提案されます。

100歳の少年と12通の手紙

少年が過ごす12日(120年分)が生き生きと描かれていて

とても心に響きました。

印象的だったのが、巨大なクリスマスケーキの入れ物を作って

少年を教会に連れていったシーン。

神様なんていないと思う少年に、ピザおばさんが言います。

苦しみにもふたつあって、肉体的な苦しみと心の苦しみ。

貼りつけにされた神様は苦しそうにみえるかしら?

少年はじっと十字架の神様を見つめていました。

ぜひ、お子様と一緒に観てほしい作品です。


ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント