投稿

4月, 2018の投稿を表示しています

ヘアカットのタブーに挑戦したフレンチカットグラン

イメージ
フレンチカットグランを発表した時、全国の美容師から激しく非難されました。
ディーラーさんとの同行で美容室に伝えると、その瞬間に激しく怒り出し、3分でディーラーさんと一緒に追い出されました。
先生曰く、ディーラーさんに「二度と連れて来たら出入り禁止!」

1960年代初頭、今のカット法が伝わって【髪の根元から切ってはいけない】という常識が浸透しているからで、今もタブーとされています。

そのタブーを克服したのが【フレンチカットグラン】というカット法。
このネーミングで当初は日本人の美容師に伝えても馬鹿にするだけで、誰も取り合ってくれませんでした。 。 そんな中でフランス人美容師達が話を聞き、“これは凄い!”と自分でも試して絶賛してくれました。
彼らがいなかったら途中で挫折していたことでしょう。
感謝を込めてネーミングは『フレンチカットグラン』と名付けました。
この技術を見た美容師は、『魔法だ!』と叫んだ美容師もいましたが、『魔法』ではなく合理的な技術です。
【根元から切る】技術の完成は、ひとつは髪のサイエンス。
そしてもうひとつはハサミを造る技術革新で可能になったのです。

フレンチカットグランを習得して得たもの
技術の幅が広がった(例えば、長さを変えないで軽くしてほしい)お客様の毛量・毛流・毛質に関係なく、お客様の希望するスタイルが創れるようになった。宣伝広告するときに「値引き」しなくても【フレンチカットグラン】を推しだすことで集客できる。フレンチカットグランオフィシャルサイトを見て、遠くから来店客が増えた。


フレンチカットグランセミナーの日程はこちら
フレンチカットグランセミナーの申し込みはこちら
フレンチカットグランの資料請求は